おがりんでは2か月に1回、牛の体重・体高測定を行い、順調におがっているか(おがりんなだけに…(笑))確認してます。おがるは北海道では成長するという意味でごくたま~に使われています。

さて、今回もハッチの牛をのぞく2~22か月齢の子たちの体側を行いましたよ。2~6か月齢の子たちを測定する際に使用するのが、楽々頭巾です!これがあれば、もくしやロープを使用しないで牛を捕獲でき、捕獲後もじっとして動きません。素材は暗幕で、虫取り網のような形をしてします。下からすくうようにして牛の頭に頭巾をかぶせ、鼻を頭巾の穴からだして、はい完了!!牛ちゃん、急に視界を奪われ身動き取れません。

そのすきに、まずは体高を、そして、体重も体重尺を使って測りますよー。まっすぐ立ってくれますから正確に測れます。

 

 

 

 

 

 

この楽々頭巾は、愛知県のあかばね動物クリニックの宮島獣医さんに頼んで作っていただきました。            詳しくはこちら(動画見られます)→→→→      http://milky.geocities.jp/rakurakuzukin/

各月齢の牛ちゃんを抽出し95頭測定しました。2組8名で行い1時間半で終了。

さーて、結果を参考にて飼料設計の答え合わせをおこなうとしますか(^^♪

厳冬期だったにもかかわらず、体高も体重も推奨値より大幅に高く推移していました(´ω`*)

エサ設計だけでなく、飼養環境や群構成、さらにはエサ寄せ、えさならしなどで採食量がとても影響されるとしみじみおもいます。従業員のみなさんいつもありがとう!!

寒さも緩み、冬仕様のエサから春仕様のものに切り替えです。はやくやらないと太っちゃうわ♥